fc2ブログ

夏はもうすぐ、魚釣りにはいい季節になりました、男なら一度は川や海で釣り糸を

垂らしたこともありましょう、針にエサをくっつけて、竿にお馬鹿さんをくっつけた

楽しい魚遊びです。晴れた日の休日、勇ましく近くの海へ愚息を従い臨場せしめ、

それぞれ竿にくっついて、やってきました、 釣り。

カレイを釣りたかったんだけど華麗にスルーされ、結果、チビアイナメとダツが釣れました。

初めて釣った珍客、ダツだけお持ち帰りしてお約束の塩焼きに。

食味不明の魚はたいがい焼いてしまいます、無駄に長い口を入れると

60センチ以上もあってさぞ食べ応えがあるだろなって思ったら

これまた無駄に小骨が多かったんで手で食べました、なぜか海関係の食べ物は

手で食べると美味しく感じる。共感できる人は少ないかもしれませんけど。

白身で脂身少なく大雑把、「ああそうですかわかりました」って味わいでした。

ダツ君ごめんな、文句ばっか言って、楽しませてもらったよ。


でもこうしてヤロッコを伴って釣りに行くようになったのは最近なんですよね、

なぜかと言うと昔から休みとなるとやんごとない事情も棚上げしちゃって

勝手気ままにあちこちに釣りに行ってたからで~す。

後ろめたかったり、後ろ髪引かれながら出掛けたことも割と結構一杯沢山あった。

背中に感じる身内の視線が刺すように痛くてよろけながら出掛けたこともあった。 

そういった「後ろ」関係をうっちゃり、前向きでひたむきな青年時代を過ごしてきた。

自分の人生はこのように経過していくものだと・・

しかし、がっつりと中年時代に突入し、後ろと頭頂部が少し気になるお年頃になった今、

おっさんの気ままなライフスタイルは、はたしてこのまま経過していいものか。と、

休みの日にどこか広いところで一人静かに自問してみるのもいいのかもしれない。


そうだ、 釣りに行こう。 





























































スポンサーサイト



2010.07.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://hodenasu1031.blog15.fc2.com/tb.php/14-d3b13700