fc2ブログ

ちょっぴり日も長くなってちょびっと日差しにも力がでてきたこの頃、

近いんですかね、春。 花粉症の季節でもあって戦々恐々としている人も多いけど

花粉症とは無縁で過ごしている自分としてはあったかい春が待ち遠しい。

そして待ち遠しいとも思わないんだけど、こちらも近いんですよね、

クリーニング師試験の合格はっぴょ~。

最近は受けたことすら忘れがちな毎日、夢見てたような非日常的な出来事だった。 

学科も当然専門外、実技にいたってはワイシャツのアイロン掛けという

100メートルハードルを20秒で走るくらいの文字通り高いハードルを乗り越えた、

と、いうよりやり逃げた、って感じの試験でした。

年をとり、それなりの落ち着きとほんの少しのあつかましさが身についた、

小難しい顔で実技試験を見守る白衣の試験官の目にはアイロン台の前に静かに

たたずむ自分は、創業30余年の老舗クリーニング店二代目店主のような

人物に写ったに違いない。そしてその予想に反しておろおろアイロン掛けをしている

自分を見て、なんなんだこいつは? と、思ったに違いない。 

そういえばアイロンのあと繊維の鑑別とか溶剤の鑑別とかの実技もあったな。

これはなんとな~く答えた、なんとなくとしか言いようがない、知らないんだもん。

その昔、「なんとなくクリスタル」という日本映画があったけど

この受験はなんとなく答えたる、という基本姿勢で乗り切った感がある。

受験の直前に知ったけどこの試験、正真正銘、天下の国家資格。

半年の間に二つも国家試験を受けるとは思わなかった、受かんのかなぁ。

わが社のブレーンはその辺の心配は十分織り込み済みらしく、きちんとリスクヘッジをとっている。

ただメタボのおっさん3人を試験会場に送り込んだわけではない、送り込んだ3人の刺客のうち、

一人受かればオッケーという合理的なんだか無謀なんだかわからない、

鮭の卵の孵化みたいな作戦をとったらしい。

人選は忙しくて精査しなかったらしい、16日に発表があるらしい。

ドキドキ・・・・     


してねぇ~や。















スポンサーサイト



2011.02.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://hodenasu1031.blog15.fc2.com/tb.php/28-5a34a31f